本記事はアフィリエイト広告を利用しています詳細

【実例で解説】ふるさと納税のすすめ

目次

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、本来は自分の住んでいる自治体に納税する税金を、「生まれた故郷」や「応援したい自治体」に寄付することで税金の還付、控除が受けられる制度です。制度をうまく使えば、2,000円の自己負担でたくさんの恩恵が受けられる制度ですので、以下の記事を参考にしてみて下さい。

ふるさと納税の魅力

①いろいろな地域に寄付ができる・・・出身地に限らず、全国の自治体に寄付ができます。

②寄付の使い道が選べる・・・まちづくりや子育て応援等、自治体が設定した使い道を指定できる場合があります。

③返礼品がもらえる・・・応援した地域の特産品などが届きます。

④税金還付、控除が受けられる・・・給与収入や家族構成により受けられる控除上限額の範囲内で寄付を行い、手続きをすると2,000円を超える部分については所得税の還付や住民税の控除が受けられます。

ふるさと納税はどこでできる?

ふるさと納税はインターネットを通じて簡単にできます。主なサイトは以下の通りです。

①楽天ふるさと納税

②さとふる

③ふるなび

④ふるさとチョイス

ふるさと納税の限度額は、各ふるさと納税のWEBサイトで簡単にシミュレーションすることができます。

寄付金控除の受け方

寄付金控除を受ける手続きは、確定申告とワンストップ特例制度の2つがあります。

①確定申告が必要な方(以下の条件に一つでも当てはまる方)

  • 個人事業主
  • 不動産収入がある
  • 給与収入が2,000万円を超える
  • 給与以外の副収入が20万円以上ある
  • 一定額(年末調整されなかった給与収入金額と給与所得と退職所得を除く各種所得金額との合計額が20万円以上)の給与所得が2つ以上の会社からある
  • 医療費控除や住宅ローン控除などで税金の控除・還付を受ける
  • 寄付をした自治体のうち、1ヶ所でもワンストップ特例の申請書を提出できなかった方
  • 1月1日~12月31日の間に寄付をした自治体数が6自治体以上ある方

※注意点:もともと5自治体以内でふるさと納税をする予定であったが、6自治体以上になり確定申告が必要となった場合については、それまでにもしワンストップ特例制度の申請をされていたら、その分は無効になりますので、確定申告時に改めて前年1月1日~12月31日の間にふるさと納税を行った全ての自治体を申告して下さい。

②ワンストップ特例制度が利用できる方(以下の条件をすべて満たす方)

  • もともと確定申告をする必要のない給与所得者(年収2000万円未満)等であること
  • 1月1日~12月31日の間の寄付先が5自治体以内であること
  • ふるさと納税以外に確定申告をするものがない方
  • 申し込みのたびに自治体へ申請書を郵送していること

【筆者の活用事例】ふるさと納税

ふるさと納税についてここまでお話してきましたが、どうしてふるさと納税をおすすめするのか仕組みがさっぱりわからない方も多いと思いますので、実際に筆者が昨年行ったふるさと納税を例にとってお話します。

2022年筆者は、楽天ふるさと納税で以下の自治体に寄付を行いました。

①大阪府 泉南市(トイレットペーパー 蒼翠 シングル 108ロール)・・・10,000円 

②静岡県 富士市(ティッシュペーパー シンプルスタイル 150組×5P 20セット)・・・19,000円

③岩手県 一関市(トイレットペーパー シングル2倍巻 72ロール)・・・10,000円

④栃木県 佐野市(ティッシュペーパー 160組×5P 12セット)・・・10,000円

⑤群馬県 千代田町(金麦 サントリー350ml×24)・・・10,500円

合計59,500円

単純に計算すると、59,500円支払ったうちの2,000円だけが自己負担で、残りの57,500円は「確定申告」か「ワンストップ特例制度の申請」の違いで還付のされ方は異なりますが、所得税に還付のある場合は確定申告から1~2ヶ月で還付されます。

また、住民税はふるさと納税を行った翌年の6月以降に納付予定の住民税から控除されます。実質2,000円の負担で上記の商品を手に入れることができるわけです。↓写真は頂いた返礼品のごく一部です。

さらに、楽天には「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」というセールがあります。セールやキャンペーンにエントリーしてこのセールをうまく利用すると最大で44倍のポイントをゲットすることができます。

実際に私は、楽天会員で+1倍、楽天モバイル利用で+3倍、楽天ひかり利用で+1倍、楽天カード決済で+1倍、楽天カード決済特典で+1倍、楽天銀行にクレジットカードを紐づけて+0.5倍、楽天市場アプリで+0.5倍、5と0のつく日で+2倍、ショップ買い回りで+9倍、39ショップ限定で+1倍等々、このセールをうまく利用して約20%分(10,000ポイント以上)の楽天ポイントをゲットしています。

上記セールでは1店舗につき1,000円以上が買い回り対象となりますので、10ショップ買い回るために1,000円の商品(お菓子や肌着等)でショップ数を買い回ります。

ここで疑問が・・・あれ?? 2,000円の自己負担で、トイレットペーパー(シングル換算)240ロール程度とティッシュペーパー(150~160組)が180パック手に入り、さらに楽天ポイントもザクザク入ってくる...

昨年は、一度もトイレットペーパーとティッシュペーパーをお店で買うことはありませんでした。これは、やらない手はないですね。ふるさと納税で日用品を返礼品としてもらって日常の出費を減らして、上手に節約しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次